導入実績 : 全国92塾111教室・英語専門6教室・中高一貫校3校

指導1回目で1分2,000文字以上!

人によって差はありますが、通常1分間に読むことができる文字数は約500文字。

Brain Boostは、1回目の指導で、多くが2,000文字以上を達成します!

Brain Boostの骨格を形成するのは、WEBシステム(視野拡大・無意識の理解・正しい読みかた習得)+読書(実践)です。これらを活用し、「無意識に理解する習慣・イメージの映像や音声を瞬時に思い浮かべる習慣・脳内の速さで文章を読み取る習慣」の“3つの習慣”を着実に身に付けさせます。

リバースフラッシュ

『さかさ文』や『1~2行文』を、読もうとせずにただ見ることによって、『無意識に理解する力』を養成するための基礎トレーニングです。ふだんとは異なる向きの文字であっても、脳は柔軟に言葉にし、意味をつかみます。『リバースフラッシュ』では、そのスピードと能力を短時間に育てていきます。また、1~2行をしっかりとまとめて視ることで、脳は1行ごとに瞬時に内容を把握してしまいます。フラッシュトレーニングの問題はランダムに出題されますので、毎回新鮮な気持ちで、くり返し何度でも練習できます。

リーディング(本読みトレーニング)

読むスピードを上げるコツは、読むテンポをつかむことです。『リーディング』では、実際に本を読み、トレーニングシステムのリズムに合わせて、文字ブロックを先へ先へと移動していきます。テンポは自分で自由に調節できますので、無理せず確実に読めるテンポからスタートしましょう。トレーニングを重ねることで、1行2点⇒2行2点⇒3行2点・・・と、読んで理解できる範囲がどんどん広がります。

スピード測定

トレーニングの仕上げに、実際に本を使用して読むスピードを計り、1分間で何文字読めるようになったかを測定します。この測定結果により、指導される先生は生徒の到達点や進捗状況を明確に把握できます。生徒にとっても、トレーニングを積む上での励みになり、この測定結果が背中を後押しします。

野田塾(愛知県) 小川 英範 会長

 「速読」に関しては興味を持っていたのですが、どれももう一つピンときていませんでした。そんな時、知り合いから「Brain Boost」を紹介されました。「すごい速読だ」と言うので、本当は半信半疑でしたが、幹部社員を連れて大阪まで見学にまいりました。そこで見た光景は今でも鮮明に覚えています。信じられないスピードで本を次から次へと読破していく小学生たち。3分で読んだ本のあらすじを30分かけて書き出した小4の女の子。300ページはある小説をパラパラと数秒間めくっただけで正確に読んでいる高校生。すべてが驚きの連続でした。これは本物の速読だと実感し、同行した幹部とすぐに導入を決めました。現在、約20教室で「Brain Boost」を展開していますが、ゆくゆくは全教室へ展開する予定です。

EFFECT International School(東京都)
今井 久美 代表

当社は首都圏と大阪で8校の英語専門スクールを運営しておりますが、生徒の6割は帰国子女で小学高学年で英検準1級レベルの内容を教えています。英語力の保持、育成には読書が不可欠で、日本語の本から入って読書習慣を定着させ、英語の本の多読にもつなげられたらと思い導入致しました。すると驚いたことに数か月で日本語の本を速読できるようになった子どもたちは、英語の本も同じように1冊数分間で読めるようになっていくではありませんか。Brain Boostは日本語、英語に関わらず有効であるとこが分かりました。次年度からは全校に導入し、すべての生徒の英語習得の基本として位置付けていく予定です。

碩学ゼミナール(徳島県) 甲斐 先生

 私どもの塾は、9月16日(日)に大阪で行われたブレインブーストの全国大会に出席しました。そこで、実際にブレインブーストを行っている方々の意見をお聞きし、効果を十分に確認してから10月中旬より講座をスタートしました。最初の1班は、中学3年生4名でスタートしました。長井先生の指導のもと円滑に講座は進みました。初回の講座で飛躍的に成績が伸びました。1人は1分間に37,000文字、後の3人は3,000~4,000文字。また、それ以降の生徒達も速読ができている実感が湧いており、楽しそうにブレインブーストに取り組んでいた姿が今でも印象に残っております。現在、講座を始めて1ヶ月が経ちました。生徒一人ひとりの真剣に取り組む姿や、その姿勢と比例して、 1班で1人が20万文字、残りの3人が7万字程度に読書スピードが確実に上がっている現状を見るにつけ、やはり、ブレインブーストをはじめてよかったと思っております。

with kids(大阪府) つじ子みか 代表

 ブレインブーストを始めて2ヶ月になります。長井先生から、第1グループの子ども達を、スマホを使って直接指導頂きました。トレーニングを始める前は、1分間で400字前後しか読めなかった子ども達が、トレーニング後に1分間で2,000文字読めるようになりました。2回目のトレーニングでは、1分間で10,000文字を軽く超えました。2ヶ月過ぎた今は、文庫本1冊を30秒前後で読めるようになり、内容把握の学習に入りました。その次は、本から広がる想いの学習に入る予定です。指導も自立し、第2グループ、第3グループと指導を広げ、現在は42名の子どもがトレーニングを受けています。次のトレーニングを心待ちにしている子どもが、70名います。ブレインブーストを指導していますと、読書力成果だけでなく、初回から子ども達の変化が見られました。塾での算数や国語に対する意識が変わりました。子どもから出る言葉は、すべてプラス思考の言葉です。どのグループも、『みんなで伸びていこう!』という思いが生まれています。接点がなかった子ども同士から生まれた、うれしい成果です。その良い波動が教室中に広がり、まだトレーニングをしていない、順番を待っている子ども達にまで広がっています。教室にいる幼児さんまで、教室図書室の絵本を読んだり、借りたりするようになりました。小学生は学校の図書の時間に、ヒーローになれると笑顔で話してくれます。その良い波動が教室中に広がり、まだトレーニングをしていない、順番を待っている子ども達にまで広がっています。教室にいる幼児さんまで、教室図書室の絵本を読んだり、借りたりするようになりました。小学生は学校の図書の時間に、ヒーローになれると笑顔で話してくれます。私達の教室は、ブレインブーストに出会い、光を浴びているように感じます。

芽育学院・ルートアカデミー(奈良県) 角田 学院長

ブレインブーストを導入し3年以上が経過し、受講生の成果も素晴らしいものとなっております。
 当アカデミーでは小学生を中心に通っていただいていますが、中学受験だけでなく非受験の生徒たちにも学校の授業の理解度や完全理解までのスピードが飛躍的に伸びたと、保護者からも好評を得ております。
 最近では全日本レベルでの成果も出ており、全国の中学2年の中から40名だけが選ばれ、ノーベル賞受賞者や宇宙飛行士、文科大臣との交流をはかる【創造の育成塾】に参加する生徒や、四谷大塚の全国統一小学生テストにおいて全国大会に出場する生徒なども出てくるようになりました。
 勿論ブレインブースト単独での受講でも素晴らしい成果を出すことが可能ですが、私共のアカデミーでは独自のカリキュラム【育脳トレーニング】で受講いただいております。それぞれの導入塾が持つ独自のカリキュラムとジョイントさせることにより、更なる成果が出せるのではないでしょうか?諸外国に負けないような力強い子供たちを育てられるよう、これからもブレインブーストと共に精進していきたいと考えております。